スタッフ紹介

院長紹介

院長略歴

1986年 岩手医科大学歯学部 卒業
1990年 大学大学院 歯学研究科 修了(歯学博士)
1992年 くにみ野さいとう歯科医院開設
2007年 臨床研修施設指定 070035
2010-2014年 ㈱モリタ吸着総義歯セミナー主宰
2014年 岩手医科大学臨床教授

学会活動

・岩手医科大学歯学部臨床教授

・有床義歯学会指導医

・日本顎咬合学会認定医・指導医

・日本口腔インプラント学会専門医

・日本臨床歯周病学会認定医

・株式会社モリタ総義歯セミナー主宰

・BPSメンバー

・ITIインプラントスペシャリスト

・臨床研修施設指定

 

2008年 日本顎咬合学会優秀発表者賞

2010年 日本顎咬合学会優秀論文賞

2010年 第6回 日本国際歯科大会(クイントエッセンス)招聘

2014年 第7回 日本国際歯科大会(クイントエッセンス)招聘

セミナー参加報告

・第1回有床義歯学会学術大会
・開催日 2016年11月26日、27日
・演題 咬合採得の「技」
 咬合採得とゴシックアーチについて講演させていただきました。

・2016年2月 国立台湾大学歯学部研修

執筆文献

『齋藤善広:吸着して機能的な総義歯,3つのエッセンス3』
歯界展望,124(3):457-472,2014
『齋藤善広:吸着して機能的な総義歯,3つのエッセンス2』
歯界展望,124(2):239-251,2014
『齋藤善広:吸着して機能的な総義歯 3つのエッセンス1-各論編 義歯の性能を決める印象採得―』
歯界展望,124(1):21-36,2014
『ISUSによるBone Anchored BridgeとFixed Removable Implant Prosthesisのコンビネーション補綴治療』
ISUS症例集,Quintessence出版,東京:2013. 齋藤善広,須藤哲也
『齋藤善広:見えなかった咬合の不思議を診る』
GCサークル,146:25-32,2013
『齋藤善広:バイトアイによる咬合接触の評価―質の高い咬合を求めてー』
補綴臨床,46(4):411-426,2013
『齋藤善広:咬合支持に配慮した重度歯周炎の治療と術後のリスク評価』
日本臨床歯周病学会誌,30(1):13-19,2012
『齋藤善広:吸着して機能的な総義歯臨床のポイントー総論編 無歯顎の特徴と義歯の動きー』
歯界展望,120(2):226-249,2012
『齋藤善広,本多孝史,中村直史:開業医におけるビスフォスフォネート製剤服用患者への対応』
日本歯科評論,71(12):113-121,2011
『齋藤善広:上顎片側遊離端欠損に対しインプラント補綴治療を行った1症例』
日本口腔インプラント学会誌,24(1):175-176,2011.
『齋藤善広:中等度歯周炎症例に対するコーヌステレスコープデンチャーとサポーティブペリオドンタルセラピー』
日本臨床歯周病学会誌,29(1):58-62,2011
『齋藤善広:義歯の動きとインプラントオーバーデンチャー』
歯界展望,116(6):1018-1026,2010
『松下 寛,阿部二郎,齋藤善広:いまこそ総義歯にチャレンジしよう!―BPSによる“効率のよい義歯製作”への取り組み』
日本歯科評論,70(9):41-73,2010
『齋藤善広:義歯は動いて機能する―その動きを小さくするために―□2その義歯製作の実際―』
クイントエッセンス 29(6):141-148,2010
『齋藤善広:義歯は動いて機能する ―その動きを小さくするために― □1無歯顎患者の3DCTと義歯の動き』
クイントエッセンス 29(5):142-150,2010
『齋藤善広:ゴシックアーチの臨床的意義』
補綴臨床,43(1):39-53,2010
『齋藤善広:総義歯咬合彩得におけるゴシックアーチとタッピングポイント記録についての分析 ―描記図の定量的評価とゴシックアーチスコアによる形態学的評価との関連について―』
顎咬合誌 29(4):252-265,2009
『阿部二郎,齋藤善広,佐藤勝史,糠沢真壱:下顎総義歯 吸着へのチャレンジ』
日本歯科評論 67(10):49-89,2007
『齋藤善広:総義歯はリンガライズド人工歯で両側性バランス』
デンタルダイヤモンド32(12):131-141,2007
『阿部二郎,齋藤善広,大野建夫,小久保京子:術者のミスを少なくする咬合床&吸着する印象用各個トレー』
ジーシー,東京,2007
『下顎総義歯 吸着へのチャレンジ(共著).』
日本歯科評論67(10):49~89,2007.
『総義歯はリンガライズド人工歯で両側性バランス.』
デンタルダイヤモンド32(12):132~141,2007.
『プロフェッショナル・デンチャー:歯科医師と歯科技工士の協力.』
GC,東京,2007.
『DIY歯科医院.』
日本歯科評論65(12):57~60,2005.
『デジカメ選定&設定.デンタルのためのIT MOOK 2004:62~65,』
デンタルダイヤモンド.東京.2004.
『2台目からはじめる歯科医院内LAN.デンタルのためのIT MOOK 2003:60~63,』
デンタルダイヤモンド.東京,2003.
『総義歯3つのエッセンス ~吸着して機能的な総義歯のストラテジー~』
北海道歯科医師会誌,71号:1-5,2016.齋藤善広
『総義歯治療で最も大事なことは何か?「咬合が最も大事!」』
日本歯科評論,Vol.75(12):36-42,2015.齋藤善広
『Q&A顎位が不安定な患者の咬合採得』
デンタルダイヤモンド,Vol.40(591):119-121,2015. 齋藤善広

副院長紹介

副院長略歴

(岩手県盛岡市出身)
1990年 岩手医科大学歯学部卒業
    岩手医科大学歯学部歯科矯正学講座入局
1991年 くにみ野さいとう歯科医院
2011年 オーラルフィジシアン育成セミナー修了
2017年 メディカルダイアローグ・ベーシックコース修了
2018年 ハーバード大学CEコース修了

所属団体

日本歯科矯正学会 会員

岩手医科大学歯学部矯正学講座 専攻生

日本顎咬合学会 かみ合わせ認定医

ごあいさつ

可能な限り患者様の痛みや、治療へのストレスがないよう心がけております。

患者様の御希望やニーズにお答えできるよう、患者様お一人お一人に最善の治療方法を検討させて頂き、ご納得頂ける処置をと考えております。

みなさまの「かかりつけ歯科医院」となるために

・毎日、明るく清潔な歯科医院でいる事を心がけます。

・患者様に満足していただくために親切丁寧に対応します。

・できるだけお待たせしません。

・一人ひとりにあった歯科医療を提供します。

・痛みが少ない治療をめざします。

 環境・接遇・専門技術を大切にしています。

メインテナンスの重要性

・普段のブラッシングの確認ができます。
・日常のブラッシングでは取りきれない汚れを、専門機器と技術で除去します。
・歯周病やかみ合わせの状態、むし歯の有無など、検診を行います。
・定期的な写真やデータの管理により、患者様にあった歯科医療が可能となります。
・治療が必要な歯があったとしても、早期治療によって患者様の負担が減ります。

スタッフ紹介

歯科医師

(福島県福島市出身)

1994年 東北大学歯学部 卒業

(宮城県白石市出身)

2017年 九州歯科大学 卒業

(宮城県仙台市出身)

2016年
東京歯科大学 卒業
東京歯科大学口腔健康科学講座スポーツ歯学研究室
大学院歯学科スポーツ歯学専攻在学中

 

2018年
ハーバード大学CEコース修了
東京歯科大学大学院エレクティブスタディ
カリフォルニア イノベーションコース修了

歯科衛生士(認定衛生士)

(岩手県普代村出身)

2010年
岩手医科大学歯科衛生専門学校 卒業
2014年
日本臨床歯周病学会認定衛生士 取得
2015年
日本顎咬合学会認定衛生士 取得

(宮城県大崎市出身)

2014年
北杜学園仙台医療福祉専門学校歯科衛生士科 卒業
2019年
日本臨床歯周病学会認定衛生士 取得

(新潟県新潟市出身)

2014年
明倫短期大学歯科衛生士科 卒業
2015年
明倫短期大学専攻科口腔保健衛生士学専攻 卒業
2019年
日本臨床歯周病学会認定衛生士 取得

常勤衛生士

(福岡県粕屋町出身)

2017年
博多メディカル専門学校歯科衛生士科 卒業

(秋田県由利本荘市出身)

2018年
秋田県歯科医療専門学校 卒業

(宮城県仙台市出身)

2019年
菅原学園仙台保険福祉専門学校歯科衛生士科 卒業

非常勤衛生士

(宮城県迫町出身)

1992年
専門学校宮城歯科衛生士学院 卒業

(宮城県気仙沼市出身)

1995年
東北歯科衛生士専門学校 卒業
2016年
日本歯科TC協会トリートメントコーディネーター ActivityLeader 取得

歯科技工士

(宮城県仙台市出身)

2016年
東北大学歯学部附属歯科技工士学校 卒業

受付

(宮城県仙台市出身)

2014年
聖和学園短期大学キャリア開発総合学科 卒業
2015年
日本歯科医師会乙種第一歯科助手資格 取得

(宮城県仙台市出身)

1996年
仙台医療福祉専門学校歯科アシスタント科 卒業

総合マネージャー

(山形県寒河江市出身)

1986年
大垣学園 卒業
2016年
日本歯科TC協会トリートメントコーディネーター ActivityLeader 取得